本文へスキップ

はるかぜ日記diary

3月22日(水) 修了式

一年は早いもので、平成28年度の修了式の日になりました。
修了証の授与、皆勤賞の表彰、児童発表、校長賞の表彰が行われました。
修了証の授与では、学年ごとに大きな返事をし、代表者が修了証を受け取りました。
皆勤賞の表彰では、平成28年度1年間も休まなかった人を表彰しました。
児童発表では、1年生と5年生の代表が発表をしました。1年間で成長できたことや来年度がんばりたいことを発表しました。
校長賞の表彰では全児童のお手本となる行いをした5人と1クラスが表彰されました。
新学年に向けて、気を引き締めて式に参加していました。


3月13日(月) 卒業式予行練習

 今日は、卒業式の予行練習がありました。18日の卒業式まであと6日間となり、今日の予行練習では、6年生の卒業への熱い想いが感じられました。また、在校生もお世話になった6年生との別れに、感謝の気持ちが伝わる練習ができました。


3月1日(水) 東風訪問ミニコンサート

今日は、Everly(エバリー)のメンバーでクラリネット奏者とギタリストのお二人を招いてミニコンサートを開いていただきました。

演奏を聴くだけではなく、代表の子がミニギターを演奏したり、サンバのリズムに合わせてみんなでパーカッションをしたりして楽しい時間となりました。

また、最後に校歌を即興で演奏してくださり、みんなで歌いました。ピアノの伴奏とは一味違う伴奏に子どもたちの声は明るく元気な歌声となり一体感を感じることができました。


2月28日(火) アフター(茶道の世界へ)

 火曜日のアフター1は茶道です。日本の伝統ともいえる茶道のお稽古を、子ども達はとても楽しみにしています。今日も、お茶の作法ばかりではなく、日本の季節の美しさ等も尾山先生から教えていただきました。

袱紗さばきの練習
お菓子の取り方の練習