園長あいさつ
 本幼稚園は、幼児教育教員養成機関として長きよき伝統を持つ、つくば国際短期大学の附属幼稚園として、激動する社会のニーズに応えるよう、新しい幼児教育の理念を求め設立されました。
 学校法人霞ヶ浦学園(四年制大学・短期大学・高等学校・小学校・幼稚園・保育園)は、その建学の精神を 「白梅」に託し、「寒苦風雪に耐え(忍耐心)、他にさきがけて花開き(先駆的前進性)、やがて立派に実を結ぶ(実効性)」という花実両全の姿を、本学の理想としてまいりました。
 本幼稚園におきましても、この理想像をさらに進化させ、一人ひとりの子どもをよく理解し、家庭的な雰囲気の中で、のびのびとした明るい個性豊かな子に育てたいと思っております。また、よいことや悪いことの区別、他者への思いやりや、社会的ルールを育てるなど、幼児期における心の教育を一層充実させてまいります。
 しかし、このことは単に幼稚園の中だけでは成果が上がりません。家庭との連携を密にして子育てに励むとともに、地域社会との交流を積極的に推し進めていくことも肝要であると考えております。
 以下に述べます本幼稚園の教育方針をご理解いただき、ご協力お願い申し上げます。
つの努力
積極的でのびのびとした明るい子に育てたい。
 ◎一人ひとりの個性を大切に長所をのばし、個性豊かな子にする。
2
遊びなどを通して創造力を養うとともに、物事を深く考える子に育てたい。
 ◎遊びを通して、感動したこと、発見した事を自分で考え、表現できる子にする。
3
自己を主張するだけではなく、時には我慢したり譲り合ったりして、助け合い協力して
遊べる子に育てたい。

 ◎自分の意見を相手に伝えるだけではなく、友達の意見も取り入れたりしながら仲良く遊ぶ
事ができる。
4
友達が困っている時、相手の気持ちになって考えられる心優しい子に育てたい。
 ◎美しいものを見たときに率直に「きれいだな」と感じる事が出来るようにする。相手の気持ち
に共感し、やさしい言葉をかけることができるようにする。
5
家庭との連絡を大切にし、子供の健康管理に努め、安全で元気に楽しく遊ぶことができる
環境をつくる。

 ◎家庭との連絡を密にし、健康状態や体質など、常に把握し、快適に過ごすことができるように
する。集団生活をする上での約束ごとを守り、楽しく遊ぶことができるようにする。